リュックと愉快な仲間たちの休日
猫マスターが猫たちを世界一幸せにするため大奮闘
闘病日記 PR

不治の病の闘病テーマは「また明日」

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

投げ銭をしてくださった方にはメッセージが表示されているはずで、そこで少しだけ語っているのだが・・・

僕は、書いている記事より「少しだけ未来」に生きている。

そう、僕は、愛猫ポポロンとの闘病生活を送ってきています。

そんな僕が毎日、みんなに贈っている言葉がある

その言葉とは

大好きかわいいねちゅきちゅき、肉球ぺろぺろいただきます

そんな当たり前(?)の文言ではなく

「また明日ね」

だ。

毎日が幸せで毎日が尊い

猫たちと暮らすようになってから

毎晩、毎朝、毎時間毎分毎秒が楽しみで仕方がない。

朝は叩き起こされ幸せ

昼は鬼ごっこに猫圧に大忙しで幸せ

夕方はみんなでゴロゴロしたり鬼ごっこ(鬼のターン)で幸せ

寝る時もご飯食ってる時もみんなで、幸せ

そんな至高で至福の「毎日」がおくれること

それは当たり前だけど、当たり前じゃない

お恥ずかしい話、闘病になって再認識しました。

この時間は当たり前じゃないんだ。

だから日々を濃く、幸せに生きたい。生きて欲しい。

そう思いながら生きているのだが・・・

ポポロンの闘病が始まって数日経ったある日。ご飯を食べる量が減っていき、動くことをせず、暗いところで寝ている時間が増えてきました。

今までとは露骨に違うその姿。

副作用なのか?それともリンパ腫が身体を蝕んでいるのか?その差もわからない。

寝ている間に何かあったら

トイレに行っている隙に何かあったら

ずっと不安だった。

そんな時に眠る直前にぽーちーに無意識にかけた言葉が

「ぽーちー、また、明日も会おうね」

だった。

長生きさせるぞ!完治を目指せ!寛解!寛解!

それはもちろん根底に持っているし、間違っていません。

しかし、気がついたのです

「不治の病の闘病は、”また明日”の繰り返しなんだ」と。

“また明日”が後何回できるのか、それは本当にわからない。そんなの、無限がいい。

でも、とにかく今日を真っ直ぐ生きて、そして明日に繋げる。

そしてまた、明日も、“また明日”と笑顔で言えるように

僕は頑張るんだ、と。

だから、大好きなみんな、大好きなポーチー

また、明日も会おうね

クソ余談

ちなみに23:55くらいに

「また明日ね・・・

と伝えて

00:00になった瞬間

「やあ・・・会えたね・・・」

と言うほぼストーカーのやり口みたいなことをしていたのは秘密である。

オススメ記事