世界一の美猫ソラ姫と「粟粒性皮膚炎」の戦い1日目

前回の記事でもご紹介しましたが、我が家最大級美猫ソラ姫が「粟粒性皮膚炎」という病気、というかアレルギー性の皮膚炎を起こしています。

原因はおそらく蚊。またはタイミング的にはリュックたちの度重なる通院による、他の動物たちの匂いを家に持ち込みまくってしまい、ストレスからの可能性もゼロでは無い。

ただ先生の見立て的には蚊ではないかと。

確かにここ数日で虫が増えたのは事実。

アレルギーの場合原因を根絶しないといけないので、大変ですが、死ぬ気で頑張っていきたいと思います。

薬を飲ませて1日経ちました。

実は病院に連れて行くときにもすでにかさぶた化して治りかけの点々とかがあったのもあり、今朝見ると耳は大分綺麗になってました。

僕の特性手作り(感溢れる)エリザベスカラーをつけて、必死に毛繕いをするソラ。

長さを調整して、耳は掻けないけど、ある程度の毛繕いは出来るように

を心掛けました。

そのおかげか、なんとか足とか手とか、頭以外はそれとなく毛繕い出来ています。

猫の毛繕いには体を綺麗にするだけではなくリラックス効果も含まれているので大きいカラーだと毛繕いが一切できなくなってしまうので、、

猫はストレスに弱い動物。少しでもストレスを減らしてあげるために、僕たちが工夫せねばいけないのです。

ソラ姫「そこまで考えとってくれたんか。不器用過ぎて小さくなっちゃっただけかと思ってました」

………ま、まぁ…ほら……ね………

ギリギリこんな体制もできます。クリアファイルから作成されているので視認性もそんなに悪くないです。何より適度に柔らかいので寝たりも楽そう。

そんなスケスケのエリザベスカラーに興奮している変態男が1匹…あ、一匹と1人(僕含む)

毛繕いをする妖艶ソラ姫を見るその目つき。まさに変態のそれである。つーか足よ。もう意地でも下のアングルからケツ見ようと踏ん張りまくってるの見え見えやんけ

ソラ姫の粟粒性皮膚炎と変態たちとの攻防はもう少し続きそうです。(変態との攻防は延長戦の可能性あり)

変態紳士響介と美女猫ソラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください