猫が懐かない?懐く方法は?愛情表現は?猫マスターが初めて語る、猫マスター的、猫への愛情表現。なぜ、僕がここまで猫に愛されるか。


本日は大変質問の多い猫のなつき方、愛について…(深い…)

いきなりですが、こんなデータがあります。

・黒猫は温厚で控えめ、優しい性格の子が多い

自分が控えめなので相手にグイグイ行ったり何かを強要したりしないのでどうしても控えめに見えますね。

他にも

・ハチワレは懐っこく人間ぽい

・ミケは女王様気質でプライド高め

・キジサバは野生の血が色濃く残り運動神経が良く活発

などなど。

もうね、我が家の猫ほぼ全員当てはまってるよね。データってすご。

とまぁ柄によって多少の性格傾向はあるようですが、本日は猫の性格や、気持ちのお話。

僕に限らず、動物系のアカウントによくくるリプやコメントに対して、思っていることを書きます。

よく「ピーボをもっと撫でて!」

「なんで黒猫もっと触ってあげないの!?」

とおっしゃる方がいます。

初めて動画見た方に関しては、確かにそう見えてしまうこともあるかもしれません。

しかし動画を何本か見て頂ければわかる通り、ピーボは数秒撫でると頭下げようとします。(これに気付けない方は猫マスターへの道のりは遠いですよ。)

そこで深追いして撫で続けるのは猫にとっては決して気持ちのいいものではないんです。

例えばあなたが有名人に会いました

「握手してください!」て言っただけなのに握手しながらハグしてきて最後ディープキスされたら引きませんか?…僕は嬉しいです。←

何が言いたいかと申しますと

ポポロンやリュックのように一生触ってて欲しい子は出来る限り沢山触る、ピーボのようにちょっとだけ触って欲しい子はちょっとだけ触る、それぞれに最適な愛情表現の形があるんです。

愛情が偏ってるから、時間に差異があるんじゃないんですよ。

それを言うに事欠いて「黒猫がかわいそう」なんて、アホなこと言わないでください。なんで僕がわざわざ1匹だけにわざと辛い思いさせるようなことしてると思うんですか?

だとして、我が家の猫の写真や動画を見て、愛情が偏ってるように見えてるのでしょうか?表情や、動きで、そう感じましたか?

猫が嫌がっていることに気付かず

「長く撫でるのが愛」「触ってあげるのが愛」

これはただのクソみたいな人間のエゴです。

全員が喜ぶ場所、時間全て違うんですから。

人間だってそうでしょ?束縛されるの嫌いな人もいるし、されるの好きな人もいる、好きって言って欲しい人もいるし、たまに言うからいいって言う人もいる。

僕だってね、本音を言ったら全員カバンに入れて肩に乗せて頭に乗せて連れて歩きたいですよ。トイレだってお風呂だって仕事だって!24時間一緒にいたい。でもそれは猫のストレスだからしないじゃないですか。

一日中抱っこしてたいし、ずっと鬼ごっこもしたい、なんなら舐め回したいし、0.1mmの距離で鼻息かけあい大会もしたい、ああああもう融合して猫になりたいいいぃ…

でもしないんです。

その理由はたった一つ。

「猫のストレス」だから、です。

人間が喜ぶと思ってることを猫が喜ぶと思わないでください。

自分の愛情表現を猫に押し付けないでください。

猫との距離感で大事なのは「引き算」です。

我が家名物猫圧は、そんな僕の「引き算の愛」から生まれた賜物だと、自分では思っています。

「どうやったら響介さんの家みたいにみんなが寄ってくるようになりますか?教えてください」

と聞かれることがあります。

初めてこれに答えます。

「そんなのわかりません。」

だって、あなたの家の猫と我が家の猫は別の生き物だから。

あなたの家の猫が欲している愛情表現はあなたが1番わかってるはずですよ。

全員が頭を撫でられるのが好きなわけじゃないんです。全員が顎を触られるのが好きなわけじゃないんです。抱っこされるの好きな子もいる、嫌いな子もいる、近くにいたい子もいるし、いたくない子もいます。

みんなの気持ちいいところ、みんなの愛情表現は、それぞれ違うんです。

ポポロンみたいにグイグイ来て膝に乗る子もいれば、ソラやニックのように手を舐める子もいます。

リュックみたいにおっさん座りして「俺はここだぜ・・・」

的な謎アピールをする子もいます。

ピーボみたいに遠くから鳴く事で存在をアピールするのに近づいて少し触ったらすぐに満足して離れたり、なんならうざがったりする子もいます。

触れなくたって触れたって、一緒にいれれば僕にストレスはたまりません、幸せしかありません。だから全部受け止めます。

猫に対して一辺倒に

「頭を撫でる!それこそが愛!撫でないなんて最低!バランス!平等に撫でろ!!」

これは違うんですよ。

僕は、野良猫だって、人様の家の猫だって、我が家の猫だって、その子が1番喜ぶ愛情表現をしてあげたいんです。

数多の猫と接してきたからこそ、その猫の欲する愛情がなんとなく人より早くわかる自信があるというだけで、僕が特別猫に好かれやすい人間というわけではありません。

僕が我が家の猫を触っている時の動画はそれの結果なんです。

とはいえね、猫ですから、また急に「腹を触れ」になったり

「尻尾カリカリしろ」「けつ叩け」

・・・気分で変わるんですよ。

だから毎日それを見極めて、触り方も変わっていくんです。

人間のしょうもない物差し、尺度で猫を図ってはいけません。

猫は世界で1番可愛くて世界で1番気難しい。

我々人間ごときの物差しで、猫全てを理解なんてできないんです。

だからこそ、クソダサいちんけな人間のエゴは捨てて、今目の前にいるその猫一匹一匹に対して、最適解を導き出し、最大限の愛を注ぐ、それだけです。

こうして、近所の野良猫全員と仲良くなってきたんだぜ…

そりゃ引っ掻かれたことだって、他の猫相手にしてる間に別の猫にカバンを家みたいにされたりしたこともありますよ。

でも、全部許す、そしてそこから最大限にその子が喜ぶように努める。それだけです。

最後に

今回お話したようなコメントやリプをする方が、僕のTwitterやインスタ含め、ニャンフルエンサーといいますか、フォロワー数の多い猫アカウントに多く見受けられます。

あなたの素敵な愛情表現を否定するつもりはありませんが、少なくとも僕には僕なりの猫たちとの接し方があります。他の猫アカウントの方達にも。みんな、長く付き合ってきて猫のことを理解した上での愛情表現なんです。

僕は

全員を同じ時間撫でる=全員を愛している証拠

なんて方程式にはなりません。なんと言われても。

特にピーボに関しては・・・

暮らし始めた当初のピーボは触ることすらできませんでした。一瞬たりともです。

ご飯も、みんなと同じ時間に出しても、みんなが食べ終わり僕が寝ているすきに食べているような子でした。

本当に最初は何かの病気なんじゃないかと心配に思い病院に連れて行ったりしたくらいです。今思えばこの行動も、人間のエゴなのかもしれません。

しかし数年経ったある日、僕が映画を見ていたり、まったりしていると気づいたら横でくっついていたりしてくれてました。

「そろそろいいかな?」と触ろうとするとどエグい痴漢にでもあったように逃げるのです。

あなたはそんな子を追いかけ回して

「みんなと同じ絶対に時間撫でる!!!」

「今日はリュックを5分撫でたからピーボも5分撫でる!!!1.2.3.4…..」

てやりますか?

それ、猫にとって恐怖でしかなくないですか?

あのね、今は触って欲しくないから、来ないんです。

いつか触って欲しくなったら、必ず来ます。ずっと触って欲しくないならずっと来ません。

来たって触って欲しいとは限りません。「ただ近くに来た」だけの時もあるんですよ。

知人宅の猫ちゃんはなぜかケージが大好きで、ケージを開けっぱなしにしているにも関わらず、20歳になるまで人前でケージからほとんど出たことがなかったそうです。

その猫に「猫は外で走り回ってる方が幸せなのだ〜!」とか行って外にほっぽりだしますか?

猫と暮らすって、こういうことなんですよ。

理解不能だったり、自分の認識の枠を飛び出ることばかりなんですよ。

だって、人間じゃないんだから。

「思ったより懐かないから捨てる」なんてクソクソの馬鹿クソ野郎もごく稀に存在していますが、ただ単にお前の覚悟が足りねーだけだと。

「懐いて欲しい」から飼うんじゃねえよ。幸せにするために一緒に暮らすんだよ。

我が家のピーボ、触れるようになったの、5歳ですよ。5歳。

つまり5年間数えるほどしか触ったことなかったんですよ。(病院や、ほんとにリラックスしている時だけ。)

クズ野郎だったら懐かないとか、可愛くないとかクソみたいなこと言い出すレベルなんじゃないですか?そんなクソの考えなんて微塵もわからんので、知りませんが

それがやっと、ここ最近突然触れるようになって「待った甲斐があったのかな」と。

しかし、いまだに長く触ると嫌がり逃げます。そして遠くへ行くくせにすぐ戻ってきます。

一回2秒くらいしかさわれないのに、なぜかそれを10セットやります。

ポポロンは一回15分を3セットくらいやりたがります。

リュックは一回10時間くらいの撫でタイムがあることもあります。

みんな違うんですよ。ええ、みんな愛してますよ。

我が家の猫の顔を見てください。

我が家の猫たちが、不幸そうな顔をしているのであれば、ガンガン言ってくれて構いません。

今までより幸せにしてなさそうなら、言ってください。

そんな日は絶対に来させませんので。

でも、きっと、多分。

これこそ人間のエゴかもしれませんが、きっと幸せに育ってくれてると信じています。

猫のために仕事の仕方を変えました。

猫のために家を買いました。

猫のために庭も作りました。

世界の猫のために本も書きました。

今も、猫のために生きてます。

でもこれも全て、人間のエゴです。

僕のエゴです。

猫からしたら、なんてことない。

全て別に「ただの1日です。」

でも、我が家の猫があんな猫圧を仕掛けてくれるのも、毎日一緒に寝てくれるのも、きっと、愛してくれてるからだと信じています。

それか僕を猫と思っているかです(こっちの方が濃厚)

ま、なんでもいいんですけどね。

要は、猫に限らず、幸せの形は無限にありますよ、って話。

・・・・・ここまで読んで

「このブログ!ポポロンの写真が載ってない!ポポロンだけが愛されていない!」とかまだ言いますか?

愛してますよ。全員。


あ、ちなみに、最初に書いた毛の柄の統計を鵜呑みにして

「ハチワレなのに人懐っこくない!」

なんて言わないでください。それも全て個性。ただのデータですから。

結局一緒に住んで、やっと性格が出来上がるものですからね。

皆さんの家の猫を世界で一番幸せな猫にできるのはあなただけです。

こんだけ偉そうに語っておいて人間との付き合い方はマジでわからない響介とマジで気分屋の猫たち

2件のコメント

  1. こんにちは。
    そうなんですよね。共感します。
    ずっと犬と暮らしていた夫はうちの子(猫)に対して”もう少し懐いてくれるともっとかわいいのにな~””膝に乗ってくるとかさ~”なんて言います。そんなとき私は”猫ですから!!!””そこにいてくれるだけでいいの(怒)”と言います。

    ペットは人間のエゴの塊だと思っています。ショップでお金と交換してきた子も、保護した子でも。
    うちの子は保護猫です。でもやっぱりエゴで一緒にいてもらっているので、少しでも長く、健康で安心して生きていける環境を作る。恩返しとして。毎日そんなことばっかり考えて暮らしています。
    可愛くて可愛くて毎日助けてもらっています。
    だから、できる限り彼女に尽くす。その結果、安心して眠ったり、甘えてくれる。それが私の幸せです。

    お互い幸せですね!!
    これからも、楽しい記事やニャンズの日常を発信してください。

  2. こんばんは
    我が家には三毛ロング(女の子1歳半)と黒トラ(女の子5ヶ月)がいます。
    三毛ちゃんはブリーダーさんからお迎えしたのですが、抱っこ嫌い、触ると逃げる、でも聞き分けが良いというドライな子です。対して黒トラちゃんは保護猫でさ、ベタベタの甘えん坊で嫉妬深く、抱っこも大好きですが、ワガママで全く言うことをききません。
    響介さんのブログを読むまでは、三毛ちゃんがドライなのは私の育て方が悪かったから、愛情を感じられなかったから、可哀想なことをしてしまった、私でなければもっと幸せになれたのでは…と自分を責め続けていました。
    でも、ピーボの件を読んで目が覚めました。
    三毛ちゃんは抱っこは本当に嫌いですが、会社から家に帰った時は手に頭を擦り付けるように撫でられてくれますし、まったりしているときはいつまでも撫でさせてくれて、喉も大きな音でゴロゴロ鳴らしています。顔を動かして、右、左と、撫でて欲しいところを示してきます。
    ああ、これでいいんだ、って思ったら泣けてきました。
    この子が望む事を少しでも理解して、居心地がいいようにしてあげればいいんだ、とわかりました。
    初心者マークの私ですが、マスターを目指してこれからも頑張ります。
    響介さん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください