リュックと愉快な仲間たちの休日
猫マスターが猫たちを世界一幸せにするため大奮闘
リュック

「コロナウイルスは猫にも感染する」この情報が出た途端、イギリスで捨て猫が増えているらしいという話について

あんまりね、暗い話とか、嫌な話とか、したくないんですよ

ただでさえコロナだなんだって、みんなの気持ちが少し後ろに向いているところで。

でもこれだけはさ、許せないよね。

皆様はニュースなどで目にしましたか?

「コロナウイルスは猫にも感染する」

というもの。

これを知った時僕は震えました。

我が愛する猫たちにもコロナの危険があるなんて。と。

僕はもともと家仕事が9割以上。

日頃から家にいますし、自粛に入ってからは特に外に出るのをやめました。出ても完全防備でスーパーとかくらいですかね。

そもそも何もない時から玄関で全裸になり花粉や外気に触れたものを極力家に持ち込まないようにしています。(猫たちのために。)

おそらく普通の人よりも過剰に気をつけてるかな?というくらい。

というのも、このニュースが出るより前に

どこかの国で

「トラがコロナウイルスの症状」というニュースを見ました。

それを見た時に「え?もしかして猫科にもうつるんかな・・・・?」

と不安になったんです。いや、もちろんそれがなくても自粛はしっかりしていましたが・・・・。

 

でも、先日のニュースで猫にもコロナウイルスが移る可能性がある。と報道されました。

はっきり言います。自分がなるより5億倍怖いです。

なにせちょうど一年前、全5匹の猫が同時にカリシウイルスにかかってしまい、地獄のような一週間を過ごしました。

リュックと愉快な仲間達feat.先生VS謎のウイルス前回の話を踏まえ、信頼出来る先生に今後の対応を伺うと、酷い場合はインターフェロン、そうでもない場合は対処療法で症状を抑えつつ自分の抵抗力...

誰もご飯を食べない。走らない。寝て動かない。中には痩せこけてしまう子、よだれ鼻水が止まらなくなってしまう子。

本当に辛い日々でした。しかし、先生の協力もあり、無事復活し、今では世界中の猫で誰よりも健康な猫へと復活しました。

それからは明るく楽しく幸せな日々を過ごしています。

僕は、猫がウイルス感染をしてしまうとどれほど危険か、どれほど辛いか、きっと他の人より、よりよくわかっています。

あの日のような地獄はもう二度と味わいたくない。

だからみんなのために僕は頑張るんです。自粛をするんです。気をつけるんです。家にいることでみんなの命を守れます。

ただ当たり前の毎日のために僕は頑張るんです。猫たちの当たり前を守りたいんです。

しかし。タイトルに書いたように。

今世界では信じられないことが起きています。

「コロナウイルスは猫も感染する」この情報が出た途端、イギリスで捨て猫が増えているらしいんです。

信じられない。

クソ中のクソ。人間以下のやつのやることです。

「自分がなりたくないから猫を捨てる」

一体どんな生き方をしたらそんな思考にたどり着くんですか?

自分がならないように最大限努力をする、それが一番なんです。それが猫も、周りのみんなも救います

お前らはあれか?そんなニュースを見たら「猫からコロナウイルスが発生してる」って読んじゃったんか?バカなのかい?

お前が気をつければ、猫はコロナにはならない。家から出さず、自宅でまったり過ごしていればリスクは減らせるじゃないか。

万が一、万が一があっても、その子のために命かけて戦えよ。

このニュースを見た途端、涙が止まらなくなりました。

幸せに過ごしていた猫が、突如飼い主の都合で捨てられる。

そして露頭に迷うんです。きっと家に帰りたい。きっとまた一緒に寝たい。いろんなことを思うんです。

猫は道具じゃない。ものじゃないんです。

お前の勝手な都合で猫の人生を決めるんじゃない。

僕はブログで何回も言っています。

猫は、望んで自分の家に来たわけじゃない。

連れてきたことそのものが既に人間のエゴで、人間の私利私欲。

だからこそ、人間の自分勝手で連れてきてしまった、その子達だけは、自分が死んでも何があっても幸せにしなければならないんです。

猫たちは「響介の家に行きたいな〜!」なんて、一度も言ったことないんです。

誰か「あなたのお家の子になりたいんですう〜」って猫に言われて迎え入れた人いらっしゃいます?

我が家には元保護猫捨て猫しかいません。でも、外にいればそれはそれでまた別の幸せな生活があったかもしれません。何にも縛られず、注射や去勢なんかもなく、こんなむさくるしいおっさんに毎分ごとに

「きゃわゆいねえ〜デュフフ」とか2mmくらいの距離で言われながら鼻息をかけられることもなく、友達と陽を直に浴びてまったり過ごせたかもしれません。

でも、その可能性を潰させ、

「僕」が自分のエゴで。家に連れてきたんです。

「あなた」が、自分のエゴで家に連れてきたんです。

これはさ、猫たちを幸せにしなくてどうすんのよ?

(ちょっと立場逆転しすぎな気もしますが・・・)

「響介の家に来てよかった〜!」って、全猫が思えなかったら、それは僕たちが猫たちの幸せを奪ったことになるんだよ。

猫たちの人生を、預かってるどころかさ、一旦奪ってる自覚ある?

猫が寝る前とかにさ、僕と出会わなかった人生を想像して

「そっちがよかったな」なんて思われたくないから、みんなのために毎日頑張るんじゃん。

そう思う隙すら与えたくないじゃん。

そして、もちろん

「猫たちを幸せにするんだぜ!」というこの気持ちもまた、エゴです。

こんなに僕みたいに謎の責務に追われていなくたって、ただまったり過ごすことが幸せだって、それでもいいんです。

僕なんて猫愛しすぎて、

「外に出したい!でも危険はいっぱい!だからでかい家かって家の中に仮想庭を作ってやる!!!」とかやり出しちゃうアホなので。

https://rikkusora.com/rikku/gardencat

 

正解なんてないんです。生き物ですから。

でも。これだけは言えます。

捨てるのと殺すことだけは、絶対悪です。クソです。

これをここまで読んでくれた皆さんは、きっとそんなことしない人です。猫を、そのほかの動物を愛せるかたです。

そんな人たちで世の中がいっぱいになるよう、僕はブログでも発信し続けます。

普段はおちゃらけたブログが多いんですが、あまりにもひどく、あまりにもゴミクソすぎたので、書きました。

おい!「猫は悪だ」みたいな風潮に!なるなよ!

猫を、命をかけて守るんですよ。

僕は、今日も猫たちのために。頑張ります。

愛してます!みんな!!!元気に乗り越えようぜ!!!

みなさまも、日本のため、世界のためはもちろん、猫のためにも。節度を持った生活をしましょう。大事な人を、守ろう。

今日も今日とて、猫びよりな響介と今日も今日とて響介日和な猫たち。

オススメ記事