リュックと愉快な仲間たちの休日
猫マスターが猫たちを世界一幸せにするため大奮闘
ソラ

リュックと愉快な仲間達feat.先生VS謎のウイルス

前回の話を踏まえ、信頼出来る先生に今後の対応を伺うと、酷い場合はインターフェロン、そうでもない場合は対処療法で症状を抑えつつ自分の抵抗力で菌を倒してもらう。の二択だそうだ。

と言っても、人間の風邪と同じく「菌を殺す」薬はないので、インターフェロンも、自分の体で菌を殺せるように手助けするだけで、あくまで自己抵抗力での戦いになる。

インターフェロンは打つとなった場合一日置きに通院、または三日間投与がいいらしく全員が完治まで打つ事になったら数万から数十万はかかるだろう。

個人的にお金で治療が出来ないなんてのは絶対あってはならないと思っているので、金額なんて気にもしなかった。

ちなみに現在吐き気問題で通院して毎回1万前後掛かっています。しかし、決して高くないです。むしろ安いかも。

またも病院。

しかし、帰宅後、ここで一つ大きな大きな変化が起きていた。

帰宅後部屋に設置していた

「外にいてもみんなを見れちゃうよやったぜドゥフフカメラ」

を見返していると…

ピーボとニックが元気モリモリでご飯を食べ、追いかけっこをしていたのだ。

吐いてもいないし、ぐったりもしていない。

すぐに先生に電話すると

先生曰く

「人間と同じで体が強く早く治る子もいれば、時間のかかる子もいる。その子達は症状に対して強かったのでしょう。よかった。

その子たちはインターフェロンを打たなくても自己治癒出来そうです。」

との事。

すごく救われた。

一番最初に吐いてしまったピーボは2日弱で体調を取り戻したようだ。早い。素晴らしい。

そしてニックはもともと他の子達に比べ症状が軽かったのもあってか、翌日にはすぐにご飯も食べられるようになった。

残るはポポロンとソラ。(もちろんリュックもだが)

半日様子を見ていると、今日はソラが一度も吐いていないことがわかった。

翌朝、不安でほとんど眠れない中一瞬だけ寝ていたその時、猫圧の音がした気がした。

うっすら目を開けると

ソラ、ニック、ピーボが集団で起こしにかかっていたのだ。

そう、ソラも改善した様子で、元気に走り回りだした。(主に僕の腹の上を)

ああ、この感覚、この感覚だぜ…

とヤバい奴のようにテンション上がりながら、起床後も、女子チームはほぼ完璧と言っていいくらい症状がなくなっていた。

我が家の女子チームは身体が強いらしい。いやぁ…性格通りで…あ、ごめんなさい。

そしてそしてそしてなんとリュックも…

たった何口かだが、ご飯を食べた。

久しぶりにご飯を食べるリュックを見て、涙がちょちょぎれた。目玉が飛び出るくらい泣いた。めちゃ動画撮った。ご飯食べるって、こんなにすげーことなんだな、と。幸せなことなんだな、と。

ウザくてごめん。あれ僕いなかったらもっと食べてましたか?ごめん

しかしそんな幸せもつかの間、翌日にはまたリュックはご飯食べなかった…

「肥満細胞腫」との戦いのつもりで書き始めた、連日の闘病日記だが、すっかりVSウイルスに…。マジでこの世から根絶する勢いでぶっ潰してやるぜ…我が家の猫と猫マスターfeat.先生ナメンナヨ…

…そして、なぜ、我が家にばかり、こんなことが。と言う事態が、また一つ。起きていました。

今まで皆様に言っていなかった(隠していたわけではないですよ)大事なお話も一つだけ、させて頂きます。

次回に続きます。

※次回予告ですが、この記事を書き終えた時より、いい方向へ向かっています。先生、ありがとうございます。

そしてこの記事を書き上げた時。すごくいい兆候が一気に来ています。そちらもどんどん記事にしますので、続報をお待ちください。

次の記事はこちら

絶望のどん底から光を見た響介と割と元気な女子と、ちょっと不調だけど、絶対負けない男子達