ウイルス達との長い戦いが終わった。はずなのに。次は「粟粒性皮膚炎」との戦いが、始まりました

クソが。

もう、この一言でブログを締めたい。

そのくらいクソ。マジで気分悪い。口悪くてごめんなさい。

先日、GW全日程をかけて叩き潰したウイルス。いっときは本当に家中ゲボだらけの地獄絵図。

しかしそこからみんなも順調に回復し、無事平穏な日々が戻って来た。

…はずでした。

いや、確実にそうだった。

しかし、再発とかではなく。

別の病魔が…次はソラ姫を襲いました。もう、やめてくれ

そのクソ病の名は

「粟粒性皮膚炎」

ダセェ名前しやがって…(名前はどうでもいい)

俗に言うアレルギー反応だそうだ。

人間でいうアレルギーから出る蕁麻疹などに近い。

僕が、異変に気付いたのはリュックが完治して1週間~10日ほど経ったとある日

最近ソラがやたらとリュックやポポロンを叩く。挙句ピーボ、ニックも。明らかに気性が荒い。

流石に毎日24時間近く一緒にいる身としてこの変化は見過ごせなかった。

何か異常がないかすぐに確認したが、その時はボディチェックで触った感じは体等に特に異常なし。

あまりに長く続くのであれば触診でわからない何かがあるかもしれない、長引くなら先生に相談してみよう、と考えていた。

しかし数日後、目に見えるか見えないかくらいの感じで耳に赤い点が見えた。

多頭飼いだとよくある、猫同士の喧嘩による爪の傷。

…によく似ていた。

ごく稀に喧嘩というかじゃれ合いなどで小さい傷が出来る時もあるので少し様子を見てみることに。

にしても、写真でお伝え出来ないくらい三毛柄の茶色と黒の間にうまいとこに出来ている。

ソラの美貌の証三毛柄を悪用するとはマジで許せん。

これは我ながら毎日めちゃよく見てないと普通気づかんレベル。とちょっと自分が日頃どんだけソラを見つめてんだ、と気持ち悪さを再認識しつつ、夜を過ごし。

翌日見ると、点が一つ増えていた。。

流石にもう一回喧嘩したとは考えにくい。

病院が休みなので、休み明けに行こうと思っていると、夜には耳の付け根から少し血が出ていた。

これはいわゆる搔き壊しだ。

※搔き壊し部は苦手な方もいそうなので載せません。

耳と目の間に点が少し、、

相当痒いのだろうか、、?

ここまで痒いとなると喧嘩傷の可能性は低そうだ。

翌日病院に連れて行こうとすると、背中にハゲが出来てる

目の上にも斑点が。

すごく分かりにくいが目の上に点々がある。かなりしっかり見ないと気付けないかも、、?

そのくらいしっかり、見てあげないとダメってことですね…。変態でよかった。

どう考えてもおかしい。即座に病院へ連れて行くと

「ほぼ確実に粟粒性皮膚炎だね。蚊に刺された感じだなー。喧嘩傷ではないですね。」

との事、、

我が家はみんなの健康管理のためにおやつをあげることはほぼない。

これはアレルギー等の症状が出た時、原因の究明が遅れたり、わかりにくくなってしまうためだ。

※多頭飼いのお家は特に気を付けたほうがいいです。いろんなご飯を適当にあげまくっていると

「誰が」「何を食べて」「どんな症状が出た」というのの発見がしにくくなるんです。

そして、更に健康管理のために、観葉植物等の植物なんかも置かないようにしている。

虫や花などのアレルギーを持ち込まないため。

先生にその話をしたら

「その環境でこんなに突然症状が出るなら蚊だろうなー」

と。

確かに時期も時期…蚊も出始めるし、僕の家はそれなりに田舎なので虫が多い…

どうやら蚊に刺されてアレルギー反応が出てしまったようだ。

もしかしたら、リュックが毎日のように病院に通い、他の動物の匂いをつけて帰って来ていたので、それにストレスをためて、ストレスから発祥した可能性もある。

しかし、先生の見立てでは蚊!

個人的にも蚊の予感がプンプンする。(便乗ではない)

蚊め。次見つけたら跡形もなくすり潰してやるからなふざけやがって

そんなこんなで、飲み薬を2週間ほど飲むことに。

内心また、薬か、、、5月にあんだけみんなにあげまくったのに、、、

僕自身、病院が嫌いで薬もあまり飲まないのに、みんなに飲ませるなんてー涙。

否!先生を信頼しているからこそ、きちんとします。

まだウイルス事件のまとめ記事も書けてないし、、そもそも楽しい日々をお送りしたいのに、すっかり闘病ブログのよう、、、

しかし戦います。何があっても戦うんです。

速攻倒します。余裕です。

だってソラ姫の美貌は世界一だから。なんてったって僕に似てるんだから(どっちかといえばリュックに似てると言われます)

世界一の美女の顔に悪さすんなクソめ!

ソラ姫の美貌と僕の美貌(語弊しかない)で、次は皮膚炎すらもぶっ潰す!

…という事で視認性のいい手作りカラーを作ってみました。

超ざっくりですが、もし興味あればまた記事にします。

可愛いカラーもたくさん持ってるので、ソラの様子を見つつ、症状に合わせて変えていけたらなと思います。

ウイルスぶっ飛ばしたのに、次は皮膚炎。

頼むから、この薬でサラッと治ってね。

僕、頑張るぞい。

とはいえ、ソラ本猫は至って元気。

走るし食う、腹にも乗るし、朝になれば瞼もめくります。

ウイルスの時とは全然違う!元気なみんなが負けることなんて、ありえない。

薬をしばらく投与すれば症状はすぐに落ち着くとのことなので、そんなに過度に心配はせず、きちんと看病していければなと思います。

むしろこっからしばらくの猫圧は美人ソラ姫のエリザベスカラーが見られますよ!もはや逆にレア!うほぉおお!!

的な感じでいきましょう。

あ、薬のうまい飲ませ方とかも、興味あれば記事にします。

流石に猫マスターなんで、薬あげるのうまいんだぜ?

僕自身、病院が休みの間など、この斑点が何か気になりたくさんネットで調べましたが、完治までの記事やあまり分かりやすいのがなかったので、この記事がいつか誰かの役に立ったらいいなと思うので、きちんと過程含め書いていけたらなと思います。

今回はソラだけバッチリ治って、サラッと日常に戻ろうぜ。

とにかく!ソラを。そしてソラの美貌をは僕が、守る!

愛してるよ、ソラ。

気分は白馬に乗った王子様だけど実際は白い豚の響介とどんな状況だろうと世界一は世界一のソラ姫

9件のコメント

  1. 蚊か~・・・
    これからの季節は気をつけます!!!
    殺虫剤的なものは置いたり、撒いたりしたくないですもんね・・・
    お薬の飲ませ方教えてください!!
    貴重なソラちゃんのカラー姿もまたお願いします。

    がんばりましょう~

  2. 一難去ってまた一難、ですがさすが猫マスター響介さん猫さんたちのことを第一に落ち着いてらっしゃってなんだかこちらが安心しました(笑)
    早く治りますように、祈っています!

  3. ぜひ、薬の飲ませ方を記事にしてください❗
    ウチは飲ませるのが大変で(>_<)
    お願いします❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください